メインイメージ

骨粗鬆症にもローヤルゼリー!

中高年に差し掛かると気になってくるのが『骨粗鬆症』でしょう。 大体50代に差し掛かると、骨密度が低下するといわれています。

骨粗鬆症になっても、自覚症状を伴わない場合が多く、 知らず知らずのうちに『圧迫骨折』を起こす可能性もあります。 骨折をしても痛みを感じない人がいますので、日ごろから注意しておくことが大切です。

腰が曲がる・身長が縮む・腰痛などを感じた場合は骨粗鬆症を疑ったほうが良いでしょう。

しかし、骨粗鬆症の原因は年齢だけではありません。

・加齢による骨粗鬆症

加齢により、腸からのカルシウム吸収率が下がっていきます。 骨の形成に欠かせないカルシウムを効率的に吸収できなくなることで、骨密度が低下し、骨粗鬆症となります。

・閉経

女性は、エストロゲンの働きによってカルシウムが骨から溶け出すことを防ぐのですが、 閉経するとエストロゲンが減少していきます。 エストロゲンの減少によって骨吸収が早まり、骨粗鬆症となります。

女性にとってエストロゲンは重要な役割を持っています。 エストロゲンが減少すると、骨だけでなく身体の様々な部分で影響が出てきます。 肌のつやがなくなったり、若々しさが失われたり、自律神経が乱れるなど・・・(『ローヤルゼリーは女性にオススメ!』で詳しくご紹介しています。)

・栄養不足

中高年でなくとも骨粗鬆症になりえます。 例えば、無理なダイエットをすることによって、十分な栄養を摂取できずに丈夫な骨が形成されなくなります。

他にも、病気との関連で骨粗鬆症になることもあります。

万能薬と言われるローヤルゼリーですが、骨粗鬆症にも効果があるのでしょうか? ローヤルゼリーの骨粗鬆症への効果を発見した実験があります。 卵巣摘出し女性ホルモンの分泌されないラットにローヤルゼリーを与えたところ、 骨密度の低下が抑制され、骨粗鬆症に効果があることが分ったのです。

ローヤルゼリーは腸のカルシウム吸収率を高める作用があり、加齢や閉経による骨粗鬆症に高い効果が期待できるといわれています。

骨粗鬆症の予防には、日ごろから食事・運動に気を配ることが大切です。 ローヤルゼリーは健康食品ですので、日常に取り入れることでより効果的に骨粗鬆症予防が出来ます。

Copyright© 2013 Royal jelly perfect guide All Rights Reserved.