メインイメージ

妊娠中でも摂取できますか?

『若返りの妙薬』と言われているローヤルゼリーには、女性に必要な素晴らしい成分、栄養素が数々含まれています。

ローヤルゼリーは、体内で女性ホルモンであるエストロゲンと似たような働きをするため、更年期障害などに有効に作用すると言われています。 その他にも美肌効果、老化防止、冷え性など、女性には非常に嬉しい効果がたくさんあるのです。

女性なら積極的に摂取したいところですが、これが妊娠中の女性となると話が変わってきます。

妊娠中のローヤルゼリーは控えたり避けるようにというのが、近年の一般的な見解となってきているようです。 また、万全を期して授乳中も控えたほうがよいとされています。

しかし、これに反して、妊娠中だからこそ、母体の健康と胎児の健やかな発育のためにも積極的に摂取しましょうという意見もあるようです。

一体なぜ、こうも正反対な見解があるのでしょうか?

その一番の理由として、安全性について信頼できるデータが十分でないことが挙げられます。

妊娠中の女性の体はとてもデリケートで敏感になっています。体質が変わることも少なくありません。 今まで問題なく食していたものが、突然受けつけなけなる、体が拒絶するということも珍しくはないのです。

そうした状況の中で、きっぱり安全だと言いきれないのならやめたほうがよいとされたのでしょう。 お母さんが花粉症等のアレルギーや喘息、アトピーがある方、蜂そのものにアレルギーがある方はなおさらです。

接種後、万が一母体の体質に合わずにアレルギー等の症状が出てしまっても、妊娠中は薬を服用することが困難です。 このことからも、明確な安全性が認められない限り、妊娠中のローヤルゼリーの摂取は控えたほうが無難のようです。

それでも摂取したい場合は、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。

赤ちゃんの健やかな発育を願わない親はいません。 お腹にしっかりと栄養を届けてあげたいと思うのも、また然りです。 ローヤルゼリーの素晴らしい栄養素は確かに魅力的ですが、お母さんが色々な食品をバランスよく食べることを心がけることが大切なのではないでしょうか。
(「摂取方法に注目!もあわせて参照してください。」)

Copyright© 2013 Royal jelly perfect guide All Rights Reserved.