メインイメージ

ローヤルゼリーでがん予防ができる?

未病は大病の元であり、未病の時点で健康不安を解消することが健康維持に欠かせないことです。
ローヤルゼリーと未病の関係については「ローヤルゼリーと未病の関係」で解説しましたが、
ローヤルゼリーは病気の予防にも高い効果を発揮します。

大病と一口に言っても、人それぞれ思い浮かぶ病気は違います。 しかし、多くの人が恐れている病気として挙げられるのが「ガン」ではないでしょうか。
ローヤルゼリーには、「ガン」を予防する効果があると言われています。

ガンの原因とされているものにダイオキシンや汚染物質などがありますが、ストレスもその原因のひとつです。 どれも普段の生活において、身近な問題です。 つまり、ガンはすぐそばに潜んでいるのです。

ガンにも種類があります。 煙草を吸っている人は肺ガンを、女性の多くは乳ガンを心配されるのではないでしょうか。

実際にローヤルゼリーのどの成分が、ガンに対してどのような効果をもたらすのでしょうか。
ガンに効果を発揮するのは「デセン酸」だと言われています。
デセン酸には抗ガン作用があると言われています。 (デセン酸については、「デセン酸は何に有効?」をご参照ください。)

また、ローヤルゼリーにはガン細胞を殺す働きをする、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化する作用があります。 NK細胞の機能低下は、ストレスなどが原因とされています。 ローヤルゼリーの作用によってNK細胞数の減少を食い止めることが出来るされ、 ガン予防に効果があると報告されています。

ローヤルゼリーはお薬ではありませんので、必ず予防できる、必ずガンに効果がある、とは言い切れません。 ガンについては、お薬を飲んでいても食い止めることが難しい病気です。
しかし、日々ローヤルゼリーを摂取することで、少しでもガン発症の可能性をなくすことが出来るかもしれません。

大病を防ぐには、日々健康を維持することが重要です。身体を健康な状態に保つことで大病の原因は遠ざかっていきます。
ローヤルゼリーで少しずつ健康な身体に近付け、維持していくことが、ガンに対する有効な対策となるでしょう。こちらのサイトではがん予防としてお薦めのプロポリスとして解説が記載されています。ぜひ、ご覧になさってみてください。

Copyright© 2013 Royal jelly perfect guide All Rights Reserved.