メインイメージ

子供でも摂取できますか?

ローヤルゼリーには数々の驚くべき栄養素があり、身体の成長を促進し、免疫力を高めてくれる力などがあります。

成長期の子供には欠かせない、必要な栄養素の1つがタンパク質なのですが、タンパク質の素となっているのがアミノ酸です。 ローヤルゼリーには必須アミノ酸の他に、じつに17種類ものアミノ酸が含まれているのです。 その他にも、ビタミンやミネラルなど40種類以上もの栄養素があり、育ち盛りに摂取したい栄養がぎゅっと詰まっています。(ローヤルゼリーの成分もあわせて参照してください。)

しかし、子供がローヤルゼリーを摂取する際に注意しなければならない点があります。 それは、赤ちゃんと6歳未満の幼児の摂取は避けたほうがよいということです。

その理由は、ボツリヌス菌の感染による危険があるためです。

ローヤルゼリーもミツバチ由来のため、はちみつ同様、ボツリヌス菌が混入している可能性があると考えられています。 ボツリヌス菌は大人には問題ありませんが、腸内環境が未熟な乳幼児には大変な危険を及ぼします。

はちみつは1歳未満の摂取は避けてくださいとありますが、ローヤルゼリーは6歳未満と記載されてあるのが大半を占めています。 小児から上の年齢になるとある程度の免疫力はついているので、健康や発育促進のために与えても大丈夫でしょう。

また、花粉などのアレルギーやアトピー、ぜんそくなどの疾患がある子も注意が必要です。 自然食品なので酷い症状は出ないとは思いますが、摂取は避けておいたほうが無難です。 もし摂取したいのであれば、かかりつけの先生によく相談してからにしましょう。

ローヤルゼリーには独特のにおいや強い酸味があるので、子供は好んでは食べないと思います。 少しでも食べやすくなるように、牛乳やジュースなどに溶かしてみたり、他の食品に混ぜたりしてあげると良いでしょう。 大人よりも体が小さいので、少量ずつ、慎重にあたえてみてください。

子供の健康と健やかな成長のためにも、上手に賢く摂取していきたいものです。

Copyright© 2013 Royal jelly perfect guide All Rights Reserved.