メインイメージ

ローヤルゼリーでダイエット!




ローヤルゼリーには美容と健康などの効果が知られていますが、実はダイエットにも有効です。
ローヤルゼリーに含まれている数多くの栄養素により、ダイエットをしながら健康な体を手に入れることができるのです。
それでは、肥満の原因とローヤルゼリーのダイエット効果について、詳しく見ていきましょう。

1.人はなぜ太る?

人が太るのは、摂取するカロリー(エネルギー単位の一つ)量が消費するカロリー量よりも多いからです。
私たちが生命を維持して日常生活を送るためには、エネルギーが必要です。
体温を維持するための熱エネルギー、脳や内臓、筋肉の運動のための機械エネルギー、神経伝達のための電気エネルギーなどを必要としています。
これらのエネルギーはすべて食品として私たちの身体に入ってきているのです。
食べ物から採ったエネルギー(摂取エネルギー)と活動するために使われたエネルギー(消費エネルギー)がつり合っていれば太ることはありません。
しかし、摂取エネルギーの方が消費エネルギーよりも多ければ体脂肪として体内に溜まり、肥満になってしまいます。

2.太る原因は?

現代社会は高カロリーの食品が溢れています。
さらに、車社会や電化製品の発達により活動エネルギーをあまり必要としない生活環境へと変わってきています。
つまり、現代社会は太りやすい環境になってきているといえます。
それでは、遺伝や体質、運動不足は肥満に影響するのでしょうか?

2-1.遺伝の影響

肥満の原因として、遺伝の影響は否定できません。
満腹中枢がうまく働かないことや、代謝がうまく行われないなどの遺伝子上の問題を抱えている人がいます。
しかし、一見遺伝の影響のように見えても、実は食生活や生活習慣が原因であることもよくあります。
もしダイエットをきちんと行なっても成果が現われないときには、一度専門医の診察を受けた方がよいかもしれません。

2-2.体質

太る原因が摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスにあるというメカニズムは誰しも同じです。
しかし、脂肪をためる限度には個人差があります。
ある一定量の脂肪がたまると、それ以上はためたくてもためられないという人がいるのです。
このような体質の人は太りにくいといえます。

2-3.運動不足

運動不足は肥満の大きな要因と考えられています。
技術が発達し、社会が便利になった反面、体を動かすことが減り、消費エネルギーが少なくなってきているのです。
これらの運動不足により全身の筋肉が落ちるので基礎代謝が減り、消費エネルギーはますます小さくなってしまいます。
また、運動不足になるとインスリンの働きが鈍くなることも知られています。
インスリンは主に食後の血糖値を下げる働きをしています。
この他に中性脂肪を蓄積する働きも担っています。
その結果、脂肪を蓄積しやすい体になってしまいます。

3.究極のダイエット法は痩せやすい体質にすること

ダイエット法には、食事の量を減らすことで体重を落としたり、運動をすることで消費カロリーを増やして体重を落とす方法などがあります。
その中でも究極のダイエット法は、痩せやすい体質に改善することです。
特に、砂糖や炭水化物など、ある特定の食品を絶ち、それ以外の食品であれば何をどれだけ食べてもよいされるダイエット法は科学的な根拠がはっきりとはしていません。
砂糖や炭水化物など、特定の食べ物だけが肥満の原因であると考えることには無理があります。
厚生労働省から発表された「日本人の食事摂取基準(2015年版)」の中で、カロリー摂取量を制限している場合でも、特定の栄養素ばかり摂取することなく、バランスよく摂取することが望ましいことが記されています。
自分に合ったダイエット法を探して実践することも大切ですが、根本的に解決をしていくには、痩せやすい体質に改善していくことが究極のダイエット法です。

4.ローヤルゼリーを飲んでも太ることはありません!

ローヤルゼリーには豊富な栄養素が含まれているため、ローヤルゼリーを飲むと太ってしまうと誤解している人がいますが、決してそんなことはありません。
ローヤルゼリーはハチミツとは違い、太るどころかダイエット効果があります。
ローヤルゼリーには、糖分は全体の1割もありません。
ハチミツが8割の糖分量であることを考えれば、肥満になる心配をする必要がないことは明らかです。
逆に、ローヤルゼリーはカロリーが低く、ダイエット中に栄養素を補給するにはもってこいの健康食品です。

5.ローヤルゼリーの4つのダイエット効果

ローヤルゼリーにはビタミンやミネラル、タンパク質、脂質など多くの成分が含まれています。
バランスよく栄養素を摂取しながら基礎代謝を高めたり、細胞を活性化させるなどのダイエットに繋がる効果があるのがローヤルゼリーです。

5-1.デセン酸でホルモンバランスを安定させ、コレステロールを低下

ローヤルゼリーに含まれるデセン酸には女性ホルモンに似た働きがあり、飲み続けていくことでホルモンバランスを安定させてくれます。
女性ホルモンが安定すると慢性的な代謝の滞りを予防し、太りにくい体質へと改善することができます。
また、デセン酸には血中コレステロールを低下させる効果もあります。
コレステロール値が下がると血流が良くなり、運動効率が上昇したり老廃物を効率よく体外に排出しやすくなるため、ダイエット効果が現われやすい体になっていきます。
運動をしてもなかなか痩せない人も、ローヤルゼリーを飲むことで血液の状態を改善し、ダイエット効果が期待できます。

5-2.アピシンで基礎代謝を高める

ローヤルゼリーには、アピシン(タンパク質の一種)という成分が含まれています。
このアピシンはローヤルゼリーにしか含まれていない成分で、基礎代謝を高める効果があります。
ダイエットを成功させるためには新陳代謝をあげ、一日の消費カロリーを増やすことが必要です。
アピシンの働きにより細胞の一つ一つが活性化され、基礎代謝量が上がることで消費カロリーが増え、自然と痩せやすい体をつくることができます。
摂取カロリーを減らしたり、適度な運動を続けていてもダイエット効果がほとんど見られない人は、細胞を活性化させることでダイエット効果が期待できるかもしれません。

5-3.アミノ酸で脂肪を燃焼

ローヤルゼリーには9種類の必須アミノ酸と15種類のその他のアミノ酸が含まれています。
アミノ酸には脂肪を燃焼する働きがあり、ダイエットには効果的です。
また、9種類の必須アミノ酸は体内ではつくることのできない成分で、食べ物として外から採ることしかできません。
しかも、全部が揃わないと効果を発揮しにくいのですが、ローヤルゼリーには9種類のアミノ酸がすべて含まれています。

5-4.ビタミンB群で老廃物を排出

ビタミンB群は食べ物を分解し、老廃物を体の外に出す働きを助けてくれます。
特にB1とB2,B3を同時に摂取すると効果が高まりますが、ローヤルゼリーにはこの3つの成分が含まれています。
老廃物が排出されると便秘やむくみが解消され、太りにくい体質へと改善してくれるのです。

6.飲み方に注意

ピリッとした酸味と独特の風味のあるローヤルゼリーは決して食べやすい食品ではありません。
酸味をカバーするためにハチミツやジュースなどの甘い飲み物と混ぜて飲んだりすると、それらの糖分で太ってしまうばかりではなく、ローヤルゼリーが持っているダイエット効果を弱めてしまうことにもなります。
ローヤルゼリーは毎日飲み続けることでダイエット効果が発揮される健康食品です。
生タイプのように酸味や風味が苦手な方は、乾燥・調製タイプのローヤルゼリーがお勧めです。

7.まとめ

人が太るのは、摂取カロリー量が消費カロリー量よりも多いからです。
高カロリー食品が溢れ、技術の発達により活動エネルギーをあまり必要としない生活環境に変わってきている中で、ダイエットへの関心が年々高まり、さまざまなダイエット法に取り組んでいる人も多くいます。
しかし、自分に合ったダイエット法に取り組むことはもちろん大切ですが、究極のダイエット法は痩せやすい体質に改善していくことです。
それには、ローヤルゼリーが最適です。
ローヤルゼリーにはホルミンバランスを安定させたり、基礎代謝を高める働きがあります。
さらには、脂肪を燃焼させ、老廃物を排出する効果も見られます。
ローヤルゼリーで痩せやすい体に改善し、適度な運動と無理のない食事制限を行うだけで効果的なダイエットが実現するのです。
ローヤルゼリーは、健康的に効率よく痩せるための、最適なダイエット食品といえます。

Copyright© 2013 Royal jelly perfect guide All Rights Reserved.