メインイメージ

生ローヤルゼリーの弱点とは?

せっかくローヤルゼリーを摂取するなら、新鮮で栄養素が最も豊富な生ローヤルゼリーが一番と思う方も多いでしょう。
どんな商品にも言えることですが、きちんとデメリットを理解したうえで購入しないとせっかくの効果を十分に得られない可能性があります。 得られるはずだった効果を実感しないまま摂取を止めてしまうことも考えられます。

新鮮で豊富な栄養を含む生ローヤルゼリーのデメリットとして挙げられるのが、「保存」に関しするものです。
生ローヤルゼリーは、新鮮なローヤルゼリーを瓶詰めにしたものが販売されています。
鮮度が落ちるにつれて栄養分も損なわれてしまうので、徹底した品質管理が行われている商品を選ぶようにしましょう。

『生ローヤルゼリーの保存方法は? 』で解説していますが、購入後も保存方法に注意する必要があります。
生ローヤルゼリーは冷蔵庫で保存します。 腐敗防止効果のあるデセン酸が含まれていますので、ある程度は品質を保てるのですが、 冷蔵庫で保存することでより長期間品質や成分を保つことが出来ます。

健康食品として扱うよりも「生鮮食品」として慎重に扱うと良いでしょう。

生ローヤルゼリーは、加工していない純度100%の製品です。 それ故に、ローヤルゼリー特有の味や香りもストレートに伝わってきます。
生ローヤルゼリーに含まれる栄養素や効果を考えれば、苦手な風味でも我慢して飲もうと思う方もいます。
しかし、風味が原因で継続することが難しいケースもあります。 乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーにはカプセルタイプがありますので、 乾燥・調整ローヤルゼリーで無理なく継続した方が効果を得られるかもしれません。
ローヤルゼリーは「毎日継続して飲むこと」が大切です。 仕事で家に帰れない日がある、といった場合は持ち運びのできる乾燥・調整タイプを利用したほうが継続し易いでしょう。

携帯や保存に便利で飲みやすいということから、乾燥・調整ローヤルゼリーも人気があります。 しかし、保存方法や風味などを特にデメリットと感じないのであれば、生ローヤルゼリーを摂取することで高い栄養素・高い効果を得ることができます。『生ローヤルゼリーのメリットとは?』で詳しく説明していますので、ご参考下さい。

Copyright© 2013 Royal jelly perfect guide All Rights Reserved.