メインイメージ

解明された!ローヤルゼリーと美肌の関係

お肌の問題に関して、女性はとても敏感です。
お肌の調子が悪いと、鏡を見るのが嫌になってしまったり、化粧をするのも億劫に感じてしまう・・・なんていうこともあるのではないでしょうか。

ローヤルゼリーの美容効果については、「ローヤルゼリーが肌荒れに効く?」「ローヤルゼリーは美容に良い?」などでもご紹介しておりますが、
ローヤルゼリーを摂取してから肌に張りとツヤが出たという方が多く、
今では、ローヤルゼリーと言えば「美容にいい!」と思い浮かぶ方も少なくないのではないでしょうか。

美肌に大きく関わっているのは「類パロチン」です。
しかし、そもそも若返りのホルモン「パロチン」は私達の体内で分泌されているはず・・・。
確かに、パロチンは分泌されているのです。
では「類パロチンの役割は?」と思ってしまいますが、パロチンと類パロチンには違いがあります。

私たちの体内で分泌されていいるパロチンは成長ホルモンのひとつです。
25歳頃までは盛んに分泌されているのですが、このパロチンは歳を重ねるごとに減少してしまいます。
25歳を過ぎて、急に顔の肌質が変わった気がする・・・と思っている方もいるのではないでしょうか。
それにはちゃんとした理由があったのです。

そこで救世主となるのが、「類パロチン」です。(パロチンについて詳しくは、「美容・若さに「パロチン」をご覧ください。)
この類パロチンは、パロチンに代わる働きをしますので筋肉や骨の成長を助けます。
通常失われていく若返りホルモンを継続して体内に摂取することで「若々しさ」を維持することが出来るのです。

そして何よりも美肌に効果的なのが、細胞を生まれ変わらせる作用です。
細胞を生まれ変わらせることで、お肌が張りのある状態になり、 その細胞を長生きさせる働きがあるため「美肌を維持」することが出来ます。

健康食品として高い注目を浴びているローヤルゼリーですが、今ではこの美容効果を求める女性が多く愛用しています。

美容効果に関しても、効果が出るまで時間が掛かると言われていますが、それでも愛用している方が多いのは確実に効果を実感しているからだと言えるでしょう。

Copyright© 2013 Royal jelly perfect guide All Rights Reserved.