メインイメージ

ローヤルゼリーが倦怠感に効く?

身体のだるさや疲労の蓄積などの倦怠感は、年齢を重ねるとともに顕著にあらわれてくるものです。特に40歳を超えると毎日スッキリしなくなって精神的な活力が衰退してしまうこともしばしばあるでしょう。 精神的な活力がなくなるので原因も精神的なものと思われがちですが、 実は身体的な不調が大きく関係しています。

なんとなくだるい・気力が湧かない、といったハッキリとしない症状ですので、 治療のために休暇を取るということも中々できず、大変厄介なものです。

この倦怠感はいったい何が原因なのでしょうか? たいへん多くの原因が挙げられるのですが、いくつかのタイプに分けることが出来ます。

・貧血や低血圧などの血の不調 貧血や低血圧に陥ると、体中に血液・酸素・栄養分をうまく行き渡らせることが困難になります。 すると、細胞がエネルギー不足を起こして倦怠感を起こしやすくなります。

・自律神経失調症
自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることを言います。 副交感神経はリラックスした状態で働き、交感神経は緊張状態の時に働きます。 ストレスなどで交感神経が活発になってしまい、副交感神経の働きが弱くなると、 憂鬱・頭痛・肩こり・めまい・ストレスなどの健康不安が表れます。 慢性的な体調不良がさらなるストレスとなり、倦怠感を引き起こします。

・鬱などの精神的な不調
強いストレスなどによってセロトニンが減少することで鬱を発症すると言われています。 強いイライラ・不安感・無気力・憂鬱などの慢性的な精神的不調が強くなります。 セロトニンが潤沢にあれば精神を安定させることが出来ますが、 セロトニンが減少し、さらに失われると重度の鬱になると言われています。

といった原因が考えられます。

まずは、血の不調に関して、 『高血圧・低血圧、両方に効くって本当? 』でもご説明しているように、ローヤルゼリーには血圧を調整する効果がありますので、 血圧をベストな状態に保ち、鉄分や豊富なアミノ酸によって貧血も解消します。 健康な血液が正常な血圧で栄養・酸素を体中の細胞に行き渡らせることで、倦怠感の解消が期待できるのです。

自律神経失調症に関して、 ローヤルゼリーに含まれる豊富なビタミン・ミネラルが自律神経に良い効果をもたらすと言われています。 (『ローヤルゼリーに含まれる豊富なビタミン!』『ローヤルゼリーの豊富なミネラル!』もご参照ください。)

鬱による倦怠感に関して、 ローヤルゼリーは、視床下部や間脳の活性化を促すことが出来るといわれています。 視床下部・間脳を活性化し、エネルギーを与えることで鬱・倦怠感の改善が期待できます。

ローヤルゼリーは万能薬とも言われますが、 治療の難しい倦怠感にも有効に働きかけますので、非常に心強い健康食品です。

Copyright© 2013 Royal jelly perfect guide All Rights Reserved.