メインイメージ

含有量に注意しましょう!

ローヤルゼリーには、さまざまな成分が豊富に含まれています。(詳細は「ローヤルゼリーの栄養素とは?」「ローヤルゼリーの特有成分とは?」を参考にしてください。) そのなかでも特にポイントとなるのは「デセン酸」の含有率といっても過言ではありません。 このデセン酸の含有率は、ローヤルゼリーの価値そのものを決めるほど重要な基準となるのです。

デセン酸は、ローヤルゼリーだけに含まれる特有成分です。だからこそ、その含有率がポイントとなるのです。 当然のことながら、デセン酸の含有率が高ければ高いほど健康への効果は大きなものとなります。

具体的なデセン酸の効能としては、皮脂の分泌をコントロールする働きや自律神経を整える働きなどが挙げられます。 自律神経が乱れた状態だと様々な悪影響がみられます。これらの症状は自律神経失調症と呼ばれ、現代人の陥りやすい症状として問題となっています。 そもそも夜更かしやストレス、更年期などのホルモンバランスの乱れが自律神経失調症の原因と言われています。

症状は多岐にわたり、めまいや耳鳴り、吐き気や頭痛などの体調の乱れや人間不信や情緒不安定などの精神的な症状まで様々です。 とはいっても、ローヤルゼリーからデセン酸を摂取することでこれらの症状を未然に防ぐことができるでしょう。

そして、デセン酸の含有率が高いローヤルゼリーとして挙げられるのは、生ローヤルゼリーでしょう。 生ローヤルゼリーは鮮度がよく、純度も高いので当然のことながらデセン酸の含有率も高いのですが、その保存リスクが高いことがデメリットです。 メーカーにしてみても、生ローヤルゼリーは保存しづらいという事が背景となって、価格が高くなってしまいがちです。

その一方で調整ローヤルゼリーのデセン酸含有率は商品ごとに確認する必要があります。 読んで字のごとく、調整ローヤルゼリーは添加物が配合されているため、含有率は当然下がります。 成分の詳細をよく読んでから購入するようにするべきかもしれません。

Copyright© 2013 Royal jelly perfect guide All Rights Reserved.