メインイメージ

生活習慣病にもローヤルゼリー!

生活習慣病については『男性にもローヤルゼリー!』でも少し触れましたが、 ここでは、生活習慣病とローヤルゼリーの関係について詳しくご説明していきます。

生活習慣病とは、糖尿病・高血圧・心臓病・脳卒中・肥満・脂質異常症といった病気を指します。 生活習慣の乱れによって上記の病気が引き起こされ、日本人の約6割の死因が生活習慣病であると言われています。

生活習慣病の多くは、病状が進行するまで自覚症状が出にくいというものが多く、 病気に気づかずに乱れた生活を続けることによって、水面下で病状が進行していきます。

生活習慣病に罹る日本人が多い理由として、「食生活の欧米化」「運動不足」「ストレス社会」が挙げられます。
元来野菜や魚を中心とした食生活だった日本人が、 欧米文化の浸透とともに肉中心の食事・手軽で安価なジャンクフードを好むようになったことが、 生活習慣病を引き起こす大きな要因とされています。

さらに、交通機関の発達による「運動不足」や現代の「ストレス社会」が、生活習慣病患者の増加に拍車をかけていると言えるでしょう。

十分な量の野菜を摂取しバランスのいい食事を心掛け、毎日適度な運動をし、ストレスを溜めないようにする、 ということが出来れば望ましいのですが、中々実現するのが難しい人が多いのが現実です。

ローヤルゼリーの中には、特有成分の「デセン酸」が含まれています。 デセン酸の効果については『デセン酸は何に有効?』でも触れていますが、 基礎代謝をあげる効果・自律神経や血圧をコントロールする効果がありますので、生活習慣病の予防や改善には最適な成分です。

人体にとって重要な栄養素も豊富に含まれているため、食生活の改善が難しい方でもローヤルゼリーで足りない栄養素を補うことが可能です。

生活習慣は、急に変えることが難しいものです。
しかし、不健康な生活習慣を続けていれば、いずれ病気を引き起こす可能性があります。

ローヤルゼリーで足りない物を補いながら、無理なく改善していくのも健康維持・回復の一つの手段ではないでしょうか。

Copyright© 2013 Royal jelly perfect guide All Rights Reserved.