メインイメージ

ローヤルゼリーの歴史

ローヤルゼリーの最初の登場は、2400年も前のことです。 ギリシャの哲学者アリストテレスが書いた「動物誌」のなかで、ローヤルゼリーを記述していると思われる文章がありました。 しかし、当時はローヤルゼリーと女王バチの関係まではきちんと解明されてはいませんでした。 それでも、2400年も前にすでに発見され、現代でも研究が続けられているローヤルゼリーはそれだけ魅力のある存在だと言えます。

きちんと「ローヤルゼリー」と呼ばれるようになったのは、200年前です。 フランソワ・ユベールの「蜜蜂の新観察」のなかで「ゼレー・ロワイヤル」と記載されていたそうです。 その間、2200年もの間様々な研究がされていたなかで付けられた名前はとても興味深いものがあります。

そしてローヤルゼリーが世界的に有名になったのは、1954年。 「ローヤルゼリーの効果は実証されている?」でも記述をしましたが、ローマ法王の奇跡的な回復です。 当時のローマ法王ピオ1世は80歳を迎え、肺炎により衰弱し、危篤状態に陥っていました。 そこで投与されたのが、ローヤルゼリーです。 様々な治療をしたのにも関わらず、改善されなかった症状がローヤルゼリーの投与を続けたことにより元々の元気な状態にまで回復したとされています。

当時は、ローヤルゼリーは医薬品として扱われていましたが、世間の認知度は低かったため最後にすがるような思いで投与を決めたのでしょう。 その後、ローマ法王自ら「ローヤルゼリーのおかげで命が救われた」と演説をしたため、世界中の人々がローヤルゼリーを知ることとなったのです。

そしてあまり紹介されないお話ですが、あの世界三大美女の1人であるクレオパトラもローヤルゼリーを愛用していたとされています。 現代では、美容に関しての効果もあることが報告されています。 クレオパトラが美女と言われる理由の1つに、「ローヤルゼリーを使用していた」ことが関係しているかもしれません。(詳細は美容に良い?にて)

現在では健康食品として、多くの人々が利用出来る様になったローヤルゼリー。 様々な効果が期待されていることから、神秘的だと言われていますが、歴史自体が神秘的だと言えます。

Copyright© 2013 Royal jelly perfect guide All Rights Reserved.