メインイメージ

重要!ローヤルゼリーの保存方法!

ローヤルゼリーは「生もの」です。 普段私達が保存に気を付ける、お肉や野菜と同じだと考えて下さい。

ローヤルゼリーの保存方法は、冷蔵庫がおススメです。

また、ローヤルゼリーの鮮度は時間と共に落ちてしまいますので、色の変化があります。 しかし賞味期限内であれば摂取するには問題ありません。 とはいえ、鮮度の低下と共に栄養素が減る、つまり効果が薄れてしまうことを忘れないで下さい。

一般的に紹介されている保存方法は、「冷蔵保存」と「冷凍保存」です。 やはり購入の際には、ある程度の量を購入される方が多いかと思います。 そういった場合は、すぐに飲みきれる量を冷蔵保存し、あとは冷凍保存をすること。 すべてを冷蔵庫で保存するよりも、ある程度の鮮度が保たれます。

あわせて重要なのは、各メーカーの出荷までの製造方法です。 せっかくのローヤルゼリーでも、出荷までの間に栄養素が破壊されてしまっては効果を得られません。

現在では、水分を飛ばし、乾燥させた粉末状の「乾燥ローヤルゼリー」が主流とされています。 乾燥ローヤルゼリーに関しては、冷蔵保存や冷凍保存などの保存方法を強いられることはありません。 粉末をカプセルに入れた商品を発売していることが多いため、カプセルによって保存期間が前後することもあります。

さらに注意すべき点がもうひとつあります。 それは、生ローヤルゼリーに比べると、純度や鮮度がまったく違うので、ある程度の効果の低下が考えられるという事です。 さらには、商品の製造過程によっては、加熱されている場合もあります。ローヤルゼリーを加熱すると栄養素が壊れてしまいます。 商品購入の際には、これに注意して各メーカーの製造過程や商品説明などをきちんと確認しましょう。

総合的に「生ローヤルゼリー」は効果抜群で人気があります。 しかし、保存方法には少し手間が掛かることが考えられます。 また、製造側にとっても同じことがいえるため、値段が高くなる事がデメリットです。

「乾燥ローヤルゼリー」に関しては、栄養素は一定量が含まれていますし、保存も容易です。(この記事とあわせて選び方の注意点)も参考にしてください。

Copyright© 2013 Royal jelly perfect guide All Rights Reserved.