メインイメージ

ローヤルゼリーは産地も大切!

ローヤルゼリー、タイプ別徹底比較!」で、それぞれのメリット・デメリットについてはご理解いただけたかと思います。 さらに、「ローヤルゼリー、どのように選べばいい?」でも商品選びのポイント説明しました。

しかし、さらに言うならローヤルゼリーの「産地」も大きなポイントになるでしょう。

実は、ローヤルゼリーのほとんどは輸入品です。そして輸入品の代表として挙げられるのは「中国産」のローヤルゼリーです。 とはいっても、しばしばメディアで取り上げられるような環境汚染問題などからもわかるように、品質や安全性については疑問視される部分もあります。 一方で国内産のローヤルゼリーは安心できますが、そのかわり価格も高いという特徴があります。

そんななかで注目を集めているのが「台湾産」のローヤルゼリーです。 気候に恵まれているため、生産量が多く、高品質であることで注目されています。 つまり、高品質にも関わらず低価格なのです。輸入品ではありますが、短期間で日本まで輸送ができるのも『保存』という側面から考えてメリットとなるでしょう。

その他には、タイ・オーストラリア・ニュージーランドといった国からローヤルゼリーが輸入されていますが、数も少ない上に輸入されるまでに時間を必要としてしまいます。

台湾産のメリットを把握しても、国内産にこだわる方もいらっしゃるでしょう。もちろん産地は商品を選ぶ重要ポイントではありますが、「ローヤルゼリーの注意点」や「ローヤルゼリーの栄養素とは?」でもご紹介したように、他にも注目すべきポイントがあります。

産地での作業工程や、輸入までの期間や方法などがその例です。 実際のところ、ローヤルゼリー選びは基準が多いため、難しいうえに面倒に感じてしまいがちですが、実はそんなに難しいことではありません。

自分の目的を確認することで、ローヤルゼリー選びのポイントはかなり絞られてくるでしょう。あとは価格帯などにあわせて選んでいけば、おのずと自分にぴったりのローヤルゼリーが見つかるはずです。粗悪品に注意!でも解説しましたが、粗悪品や添加物を見極めてローヤルゼリーで健康的な生活をおくりましょう。

Copyright© 2013 Royal jelly perfect guide All Rights Reserved.