メインイメージ

ローヤルゼリー、タイプ別徹底比較!

ローヤルゼリーにいくつか種類があるということは、ご存じの方が多いかもしれません。 (生のメリットとは?乾燥のメリットとは?などもあわせてご参照ください。) しかし具体的に何が違うのかはご存じない方がほとんどでしょう。 色々な情報がありますが、ここで整理・比較しながらご紹介します。

まず最初に「生ローヤルゼリー」です。 採取してから72時間以内に、そのまま瓶詰めしたものが生ローヤルゼリーです。 純度や鮮度が高いため、ローヤルゼリーの豊富な栄養素をそのまま摂取出来ます。 しかし、その鮮度の高さゆえに保存方法が難しいことがデメリットとしてあげられるでしょう。 生食品と同様、保存期間も短いため一般家庭での使用の場合、なかなか手を出せないことが多いのも事実です。 保存のむずかしさに関しては、製造過程でも同様のことが指摘できるため、各メーカーの管理方法にも十分注意するようにしましょう。 家庭での保存に関しては冷蔵庫での保存がベストです。 直近で使用しない分に関しては、冷凍庫で保存することによって、多少の鮮度を保つことができます。 管理が難しいため、値段も高くつきやすいのもデメリットのひとつですが、それでも生ローヤルゼリーにこだわる人がいるのは、豊富な栄養素の魅力ゆえでしょう。

次に「乾燥ローヤルゼリー」です。 生ローヤルゼリーのデメリットを一気に解決したものが、乾燥ローヤルゼリーです。 特殊な製造方法において、ローヤルゼリーと相性が悪い「熱」を使わずに水分を飛ばします。 これにより粉末状にしたものを、瓶詰めにしたり、カプセルに入れた状態で販売しています。 採取後すぐに加工されるため、高品質なものが多いという事もメリットのひとつです。 また、保存期間においても長期保存が可能なため、現在主流となっています。 カプセル状であれば持ち運びも簡単ですから、規則的な生活をするのが難しい現代においては大きなメリットとなるでしょう。

そして「調整ローヤルゼリー」ですが、読んで字のごとく、100%のローヤルゼリーではありません。 これは、生ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーに副原料を加えて製造をしています。 乾燥ローヤルゼリー同様、カプセル状のものが多くあります。 保存や管理も簡単なので、乾燥ローヤルゼリーと並んで主に摂取されています。 100%のローヤルゼリーではないため、比較的栄養素の質が低いことがデメリットでしょう。 しかし、美容効果の高いものが配合されていることが多いのが特有のメリットです。

Copyright© 2013 Royal jelly perfect guide All Rights Reserved.