メインイメージ

生ローヤルゼリーの保存方法は?

ローヤルゼリー製品には、「生ローヤルゼリー」「乾燥ローヤルゼリー」「調整ローヤルゼリー」の3種類があります。
中でも生ローヤルゼリーに関しては、品質管理が特に難しいと言われています。

「ローヤルゼリーって保存が利かないの?」
「重要!ローヤルゼリーの保存方法!」でもその品質管理の難しさについてご紹介しております。

まず認識していただきたいのは、ローヤルゼリーは健康食品であるということです。
健康食品ということは、普段みなさんが口にしている「食品」と同じ扱いと考えてください。
さらに生ローヤルゼリーに関しては、名前の通り「生」の製品です。 生鮮食品と同じように考えて頂ければよいかと思います。

生鮮食品は、賞味期限・保存方法など注意すべき点が多くあります。
基本的には生ローヤルゼリーも同じです。
採取後すぐに瓶詰めするため、純度・鮮度・含まれる栄養素は3種の製品の中でも1番だと言えます。
その分、購入後だけでなく、各メーカーでの保存方法や品質管理が重要とされています。
生ローヤルゼリーに高価なイメージがあるのは、品質の良さだけではなくこの管理の難しさからどうしても価格が高くなってしまうからでしょう。

保存方法の注意店については、購入時に各メーカーによる指示があると思います。
一般的に、購入後はすぐに冷蔵庫に入れ、そのまま冷蔵保存が推奨されています。
冷蔵保存ですと保存期間もそれほど長くはないため、すぐに摂取をしない分に関しては冷凍庫に保存すると良いでしょう。

しかし、冷凍保存しているといっても豊富な栄養素が毎日少しずつ減少していることは忘れないでください。

以上のことを踏まえたうえで、生ローヤルゼリーの保存方法には十分な注意を払って下さい。

また、一度に大量購入をするのではなく、一定の期間で摂取出来る量を購入するようにしましょう。

購入する商品の各メーカーにおいての保存方法もしっかり確認し、生ローヤルゼリーのメリットである純度・鮮度の高い商品を購入できるよう心がけると良いでしょう。

Copyright© 2013 Royal jelly perfect guide All Rights Reserved.